ピアス穴について

ピアス穴の基本

ピアスは、若い女性に人気のファッションアイテムです。 耳に穴を開けて、その穴にピアスをひっかけるものですが、そのピアスについてはさまざまな事が言われています。
例えば、とっても怖いピアスにまつわるお話ですが・・・昔からピアスを開けた際に出る白い糸のようなものをひっぱると失明してしまうというお話がありますが、これはうそのお話です。 本当に、ピアスを開けた時に白い糸のようなものが出てくる時がありますがこれは、汚れや新しい皮膚です。
耳たぶには、視覚の神経はないので安心してくださいね。


ピアスを開ける方法としては、さまざまな方法があります。 一番のおすすめは、病院で開ける事です。 消毒がしっかりとされていますし、一番安全な方法です。
ピアスを開ける方法ではピアッシングニードルというものがあり、注射器の針のような形をしています。 基本的には、使い捨てです。 ピアッサーは、耳たぶを挟むとピアスの穴を開けられる簡単なピアスの穴を開ける方法です。

初めてピアスを開ける方(ファーストピアス)のためのものは、通常のおよそ2倍の太さになっており、ピアス穴の収縮を考慮されています。 ピアスホールが定着するまでは24時間つけたままにし、30日から60日で定着します。 ピアスを開ける際には、清潔に行う事が基本です。
きれいなピアスを付ける事はもちろんの事ですが、耳もきれいに消毒することが重要です。 これが行われていないと、さまざまなトラブルの原因となります。